微笑む女性

クレーター状のニキビ跡をケアする|スッキリキレイ肌メイク

ニキビに伴う治療

美容整形

美容皮膚科で相談出来ます

クレーター状のニキビ跡が生じてしまった場合には、美容皮膚科に相談してみるのが解決の近道です。美容皮膚科では、通常の皮膚治療では難しいクレーター状のニキビ跡にも独自のアプローチが出来ます。クレーターとして残ってしまったニキビ跡は、主に皮膚の真皮と呼ばれる部分に凸凹が生じていますが、美容皮膚科ではこういった部分にも作用を届ける医療機器を使用しているのが特徴です。近年特に発達しているのが、各種レーザー機器と言えます。レーザーは、他の組織を傷つけることなく目的の部分に作用することが可能で、ニキビ跡として残ってしまった凹凸を新たな組織に生まれ変わらせます。組織の再生を促せることが、レーザー治療の大きなメリットです。

ターンオーバーが鍵です

皮膚トラブルの大きな要因の一つが、ターンオーバーの乱れです。健康な肌や若い肌の場合には、こういったターンオーバーが正常に働くことからダメージの修復もスムーズに行えます。ですが、何らかの理由でこういったターンオーバーが上手くいかないと、組織の回復が遅れたり正常な状態に戻りにくくなるのが常です。一旦乱れてしまった肌のリズムを、レーザーなどの特殊な方法で蘇らせるのが昨今の美容医療です。実際、このような方法をとることで肌組織の再生が促され、クレーター状のニキビ跡も消失します。シミなどの色素沈着も、組織の生まれ変わりを促すことが改善のコツです。今後は肌のターンオーバーが、肌トラブル改善のポイントとなっていくと考えられます。