微笑む女性

クレーター状のニキビ跡をケアする|スッキリキレイ肌メイク

ニキビに伴う治療

美容整形

クレーター状のニキビ跡は、美容皮膚科に相談するのが近道です。このような美容皮膚科では、レーザー機器などを使用して古い組織を生まれ変わらせ、ニキビ跡を消失させます。今後は、肌のターンオーバーを正常化することが重視されていくでしょう。

View Detail

効率良く治すために

鏡をみる女の人

ニキビ跡と言っても、人それぞれに症状が違います。赤くなったり、ミミズ腫れのようになる人もいますが、中でもクレーターと呼ばれる状態だと、自分で治すのは難しいため、プロに任せましょう。ネットを使えば、良いクリニックを探しやすいです。

View Detail

新しいマイクロCRF法

手鏡を持つ女性

紫外線や細菌感染が原因

ニキビは患部を清潔にして詰まった老廃物や汚れをきれいに出すことができればクレーターのようなニキビ跡が残ることもなく治すことができます。しかし、紫外線による刺激や、ニキビ菌のほかにも細菌が入り込んでしまうことなどによって、炎症が長引くとクレーター状のニキビ跡が残ってしまいます。ニキビ跡のクレーターはニキビそのものと比べても非常に治りにくいものなので、なるべくできないようにしたいものです。しかしもしできてしまったときは、美容クリニックで相談するのがよいでしょう。以前はニキビ跡のクレーターを治療するには多くの場合レーザーが用いられていました。しかし、レーザーでは思うような効果の出ない患者も多いので、最近は新しい方法によるニキビ跡の治療も行われています。

脂肪注入でなめらかに

ニキビ跡といっても患部が表皮からすぐのところにあるような場合には、レーザーを使ってきれいに治すことが可能です。しかし多くの人の場合、クレーター状にまでなってしまったニキビ跡は炎症の深さもまちまちで、レーザービームを均一に照射するレーザー治療では期待するほどの効果の出ないことがあります。そのようなときは、意外にも脂肪注入が功を奏する場合があります。ニキビ跡のクレーターに効力を発揮するのは、脂肪注入の中でもマイクロコンデンスリッチファット(CRF)注入と呼ばれるものです。これは患者の体から抽出した脂肪を質の良い状態に純化した後で注入するというもので、この方法でニキビ跡を治療すると肌の表面もなめらかになり、でこぼこしていたクレーターもきれいに消すことが可能です。

気軽で安心できる治療

女の人

ニキビ跡を残さないために、できた時点で対策と処置に注意を向けると良いでしょう。偏った食生活など、現代社会はニキビができやすい環境です。クレーターができてしまった場合は、美容整形などを扱うクリニックが有効です。料金が明確にされる傾向もあり、気軽で安心できる、クリニックの治療が増加すると予測されます。

View Detail